日本のマニフェスト[編集] 日本以外のマニフェスト[編集] 国際公約[編集] 主なマニフェスト(年代順)[編集] 脚注[編集] 文献情報[編集] 関連項目[編集] 外部リンク[編集] 案内メニュー 背景[編集] 命令的委任に関する議論[編集] 概要[編集] 要件[編集] 経緯[編集] マニフェストの具体例[編集] ローカル・マニフェスト[編集] 注釈[編集] 出典[編集] かと思えばパリパリの羽根つき、カリッと焼けた焼き餃子だってイケる。“餃子王”と名乗るだけのことはあるのだ 茹でた もっと調べる 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位 11位 12位 13位 14位 15位 過去の検索ランキングを見る 記事を読む もっと見る ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©NTT Resonant Inc. ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS 豊富(ほうふ、とよとみ) 読みが「ほうふ」のもの。 読みが「とよとみ」のもの。 読みが「とよとみ」のもの。 読みが「とよとみ」のもの。 読みが「とよとみ」のもの。 読みが「とよとみ」のもの。 読みが「とよとみ」のもの。 豊富 案内メニュー 個人用ツール 名前空間 変種 表示 その他 検索 案内 ヘルプ ツール 印刷/書き出し 言語 辞書 で始まる 出典:デジタル大辞泉(小学館) 出典:青空文庫 ・・・れて日常生活の経験を豊富にするという、それが為めの努力、此れが人・・・ 小川未明「絶望より生ずる文芸 」 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 豊富 ウェブリオへの転職やインターン・新卒入社 Weblio 辞書 類語・対義語辞典 英和辞典・和英辞典 Weblio翻訳 スマート翻訳 Weblio英会話 日中中日辞典 日韓韓日辞典 フランス語辞典 インドネシア語辞典 タイ語辞典 ベトナム語辞典 古語辞典 手話辞典 IT用語辞典バイナリ 海外通 シルキー 海外旅行保険比較ナビ 英語の質問箱 英語の勉強コラム ©2019 Weblio 表示 その他 検索 案内 ヘルプ ツール 印刷/書き出し 言語 産業廃棄物管理票(廃棄物処理法第12条の3第1項)[編集] 産業廃棄物管理票の交付(廃棄物処理法施行規則第8条の20第1項)[編集] 産業廃棄物管理票の記載事項(廃棄物処理法施行規則第8条の21第1項)[編集] 産業廃棄物管理票制度の運用について[編集] 産業廃棄物対策に関する行政評価・監視 結果報告書[編集] お問い合わせ 連合会のご案内 連合会の活動 処理企業の方へ 排出事業者の方へ 行政からのお知らせ 出版物のご案内 適正処理には、マニフェストが不可欠です。 あなたの職場では、産業廃棄物が適正に処理されたかどうか、確認や管理をされていますか。 マニフェストシステムとは、排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際に、マニフェストに、産業廃棄物の名称、数量、運搬業者名、処分業者名などを記入し、産業廃棄物の流れを自ら把握・管理するしくみです。 産業廃棄物が処理されたことを最後まで簡単にチェックすることができます。 マニフェストシステムを利用することにより、不適正な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄を未然に防止できます。 産業廃棄物管理票(マニフェスト)とは、廃棄物の処理が適正に実施されたかどうか確認するために作成する書類です。排出事業者には、マニフェストを作成して「委託した産業廃棄物が適正に処理されたか否か」を確認する義務が課せられています。 排出事業者の交付するマニフェストには、誰がどのような産業廃棄物をどのように取り扱うかということが記載されています。処理業者は、このマニフェストに対して委託された業務を何時完了したかという情報を記載して返送することになっています。マニフェストの様式は、廃棄物処理法施行規則第8条にて定められています。 連合会のご案内 連合会の活動 処理企業の方へ 排出事業者の方へ 行政からのお知らせ 出版物のご案内 © 2018 Japan Federation of Industrial Waste Management and Recycling Associations マニフェスト はじめに マニフェストとは 政策課題の目標や期限などを明記した政権公約 政党や候補者などが実現すべき政策課題について目標や期限などを明記して具体的に示したもの。政権を取ったら実現することを有権者に約束する。政権公約と訳すことが多い。 従来の選挙公約が抽象的・総花的であったのに対して、マニフェストでは目標や期限などを明記することによって、達成度という形で明確な責任が問われる。2003年春の統一地方選挙で北川正恭氏などがイギリスで定着しているマニフェストの導入を提案し、中央政界にも広がった。 RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS マニフェストとは? マニフェスト [3] 【manifesto】 マニフェスト(まにふぇすと)(manifesto) マニフェスト マニフェスト [manifest] マニフェスト マニフェスト マニフェスト 注釈 GROUPに帰属します。 また、当サイトで提供する用語解説の著作権は、(株)朝日新聞社及び(株)朝日新聞出版等の権利者に帰属します。 ©The Asahi Shimbun Company / VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 豊富に生産するさま (producing in abundance) かなり大きい (fairly large) RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 Weblio RSS ©2019 凡例 出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 さらに法は、排出事業者および処理業者に、マニフェスト伝票の5年間の保存を義務付けている。この処理の記録が残ることにより、不法投棄などがあった場合には、処理ルートを解明する重要な手がかりとなる。 マニフェスト制度は1990年度より厚生省(現・厚生労働省、その後2001年に廃棄物行政は環境省へ移管)の指導により始まった。 そして1997年度廃棄物処理法の改正によって産業廃棄物のマニフェスト制度が義務付けられ、1998年12月より施行されている。 マニフェスト伝票は複写式7枚綴りのものを用いる。 1998年度より、従来の複写式伝票(紙マニフェスト)の取り扱いに加えて、電子マニフェスト制度(EMS、Electronic Manifest System)が導入され、インターネット上でマニフェストの処理が可能になった。 2001年度より、それまで6枚綴りだったマニフェストが7枚綴りになり、新たにE票が増やされた。E票は排出事業者の最終処分終了確認用に増やされたものである。これは実質的に排出事業者の確認範囲が最終処分まで拡大されたことを示す。 マニフェスト制度 目次 制度の趣旨と規制[編集] 制度の歴史[編集] 実際の運用[編集] 問題点[編集] 関連製品[編集] 関連項目[編集] 外部リンク[編集] 案内メニュー 産業廃棄物管理票の記入事項等[編集] 混合物の定義[編集] 個人用ツール 名前空間 変種 表示 その他 検索 案内 ヘルプ ツール 印刷/書き出し 言語 産業廃棄物管理票(廃棄物処理法第12条の3第1項)[編集] 産業廃棄物管理票の交付(廃棄物処理法施行規則第8条の20第1項)[編集] 産業廃棄物管理票の記載事項(廃棄物処理法施行規則第8条の21第1項)[編集] 産業廃棄物管理票制度の運用について[編集] 産業廃棄物対策に関する行政評価・監視 結果報告書[編集] マニフェスト(英語: manifesto)とは 日本ではその体裁から「有権者団との契約」と主張されることが多いが[* 1][1][2]、実際に法的拘束力があるものではなく、あくまでも選挙公約の一形態にすぎない。本家のイギリスでも法的な意味での契約の命令的性格については否定されている[3]。 日本では、選挙においては政党の選挙公約の声明(書)において英語のマニフェストがよく使われたことからこの意味に限定されていることが多く、有権者に政策本位の判断を促すことを目的として、政党または首長・議員等の候補者が当選後に実行する政策を予め確約(公約)し、それを明確に知らせるための声明(書)との意味になる。この場合のマニフェストは「政策綱領」「政権公約」「政策宣言」「(政治的)基本方針」などと訳すことが多い。しかし、この用法は「選挙ごとに、政治の基本政策・基本理念が変わる」ことを意味する結果となることから、「選挙公約」、「(政治的)基本方針」とすることが適当であるとの論点もある。 「マニフェスト」という語については有名なものとして「共産党宣言」(Manifest der Kommunistischen Partei)がある。 マニフェスト(Manifesto)の語源については、ラテン語で「手(manus)」と、「打つ(fendere)」が合わさった、とする説が有力。「手で打つ」⇒「手で感じられるほど明らかな」⇒「はっきり示す」と派生したと考えられている。これがイタリア語でManifesto (伊)「声明(文)・宣言(文)」となる。その後、イギリスにおいて党首の演説がManifesto(声明文)と呼ばれるようになる。manifest(英)は英語の一般名詞・動詞・形容詞であるが、イタリア語・ラテン語由来のManifestoと記述する場合はとくに政治上の声明文を意味する名詞となる。manifestの発音 /ˈmænɪfest/ は「マニフェスト」に近く[4]、manifestoは/ˌmænɪˈfestəʊ/ /ˌmænɪˈfestoʊ/というように語尾が二重母音になっており「マニフェストウ」に近い[5]。日本語表記のさい「マニュフェスト」とは記述しない。 Manifestoと呼ばれる党首の(所信表明)演説がイギリスで最初に選挙公約として使われるようになったのは1835年の総選挙(英語版)において保守党党首・首相サー・ロバート・ピール准男爵がタムワース選挙区(英語版)の選挙区民に向けて出したものだとされる。この「タムワース・マニフェスト」は保守党党首で前首相でもあったピールの個人的な公約の性格が強いものであった。この声明は翌年の総選挙において保守党の政治方針として公式に採用された。以来、イギリスでは総選挙ごとに主要政党はマニフェストを発表してきた。1906年には労働党が政党の公約として初めてマニフェストを出す。現在のように冊子の形になったのは1935年総選挙時の保守党のものが最初であるとされる。また1980年代初頭以降、各党のマニフェストは写真入りのカラー印刷冊子となった[6]。現在、日本においていわれる選挙公約としてのマニフェストは、このイギリスの19世紀以来の政治慣行を参考にしたものである。しかし、イギリスにおけるマニフェストには、数値目標や財源が詳しく記載されていると言う理解は誤りであり、イギリスの下院議員や研究者たちも、こうした理解を否定している[7]。